21世紀のサイノツノブログ

サイノツノによる提言

『82年生まれ、キム・ジヨン』を読んで

韓国で100万部売れ、いま日本でも売れている、チョ・ナムジュ著『82年生まれ、キム・ジヨン (単行本)』を読んだ。

この本を紹介したくて、久しぶりにブログを更新してみる。

 

内容を簡潔に説明すると、以下の通り。

主人公は1982年生まれの韓国人女性、キム・ジヨン。彼女の幼少期~第一子出産後までの人生を描き、その中で彼女が経験した女性差別にスポットライトを当てたもの。本のジャンルとしては小説だが、「彼女の精神科医が記したカルテ」として記述がなされているため、ドキュメンタリーを観るように彼女の人生を追体験できる。

 

前評判通り、韓国での女性差別と日本社会での女性差別は共通点が多いと感じ、一気に読み切ってしまった。

どこに共感したかはぜひ本書を読んで確かめていただきたいが、たとえば小学校の出席番号は男子が先とか、知らない男子に後をつけられて怖かったのに自分が怒られるとか、優秀な女子社員ではなく男子社員が大きなプロジェクトに選ばれるとか、どこかできいたぞどこかで体験したぞ、なエピソードが沢山でてくる。私や私の友人が日々感じてきたことを見事に代弁していると思った。これは売れるはずだ。

 

私が本書をブログで紹介している理由は、フェミニズム学術書は苦手で読めないという人がいても、この本ではジヨンの目線に立って様々なことを追体験できるので、フェミニズムが何を問題にしているかを、諭されるのではなく「感じる」ことができるからだ。

韓国や日本のような儒教社会(平たく言えば、男尊女卑傾向の社会)で、女性として「普通に」生きると、どのような悔しさ・苦しみを体験し得るのか、体験したことのある人もない人も、是非本書を通して感じてみてほしい。

 

 

82年生まれ、キム・ジヨン (単行本)

82年生まれ、キム・ジヨン (単行本)

 

 

82年生まれ、キム・ジヨン

82年生まれ、キム・ジヨン