21世紀のサイノツノブログ

サイノツノによる提言

ブラック企業を辞めることについて

ブラック企業に関する興味深い記事を見たので、シェアします。

 

toyokeizai.net

 

ブラック企業を辞めた1人として、ブラック企業を辞めることについて考えたいと思います。

私がいた会社は、記事の通り「ブラック経営者やブラック上司にとっては、従業員はモノ同然であり、自分の命令に従わない者は不良品だとみなし、数時間にわたって延々と怒鳴りつけ、減給処分や罰金というムチを与え続けることで、考える余力を奪う」ような会社でした。会社幹部は、毎日行われる会議で、怒鳴り、机を叩きました。平社員たちのやる気は下がり、足を引っ張り合い、赤字続きです。幹部たちはさらに社員にムチ打ちます。悪循環でした。

 

ブラック企業がなくならない理由の一つとして、筆者は、理不尽な労働環境を受け入れる労働者が一定数いることを挙げています。なぜ受け入れるのかについて、職場に迷惑をかける、転職=敗北という価値観が残っている、転職活動の時間がない、転職しても理想の働き方を実現できない、と考える人が多いのではないかと筆者は見ています。

  

記事には書いていませんでしたが、厳しい労働環境を受け入れてしまう理由に、年齢が上がるにつれて転職しづらいという転職市場の問題もあるのではないでしょうか。実際、40代~50代の従業員は、辞めたいけれど転職活動が厳しいと漏らしていました。定年を迎える従業員は、もう会社にしがみつくしかないという感じでした。

ところで、転職市場の年齢問題も、ブラック企業と関係あるかもしれません。若者ほど扱いやすく低賃金で使い捨てしやすいので、若者を欲しがる企業が多いのかもしれません。

転職市場の問題はここでは置いておきますが、今は売り手市場なので必ず仕事はありますし、スキルや経験を活かして独立してお金を稼ぐ道もあるかもしれません。失業保険もありますし、いざとなれば生活保護もあります。もしかしたら収入は下がるかもしれませんが、健康は守れます。

 

とはいえ、いざ辞めようと決意しても、いきなりは辞めづらいかもしれません。そんなときは、メンタルクリニックを受診するのも一つの手段です。有給がとりづらいブラック企業でも、病気ならば周囲も文句は言いづらいと思います。診断書を出した場合、少しでもまともな判断力のある会社ならば休ませるはずです。ゆっくり心と身体を休めながら今後の判断ついて考えることができます。長時間拘束されていると、思考が狭くなり「この会社にいるしかない」と思い込むことがありますが、少し離れてみると、様々な可能性があることに気付けます。また、休んだまま辞めることもできます。

 

私が辞めたいと思うと同時に思ったことは、人数の少ない会社だったので、迷惑をかけるということでした。また、入社してからの期間が短かったので、今後の転職に不利になると思いました。それでも、私は辞めました。自分の心と身体が一番だという思いが勝ちました。そもそも、一人抜けたぐらいで支障がでるような会社は経営に問題があるのであって、従業員のせいではないのだと思いました。また、自分が辞めることはブラック企業を減らすことにつながる、とも思いました。東洋経済の記事の主張と同じです。

厳しいことを言えば、ブラック企業に不満を抱きながらブラック企業に居続ける人は、その企業の維持に加担しています。しかし、自分だけのためではなく、次の世代のためでもあると思って、辞めるという選択肢を持ってほしいのです。記事の主張のように、辞める人が増えれば(人手不足になれば)、企業は潰れるかやり方を変えるかしかありません。サイボウズや佐川急便のSGホールディングスは後者の方法を取りました。

支配される人がいなければ、支配は存続できません。ブラック企業がなくなるかは、雇う側だけの問題ではないのです。雇われる側の行動にもかかっています。会社に関わる人はみな当事者なのです。

 

 

 働き方について以前書いた記事を貼っておきます。

horn-of-rhinoceros.hatenadiary.jp