21世紀のサイノツノブログ

サイノツノによる提言

何でも自分で作ってみようーー消費から考える生き方

 

数年前まで私は消費に依存した人間だった。

どういうことかと言えば、「壊れたらまた買えばいいや」といったモノに対する愛情のなさ、「季節が変わったから新しい服を買わなくては」といった強迫観念を持った人間だった。今思えば、自分の特質に由来する感情だったのかもしれないけれど、基本的には、消費に対してあまりにも無防備、無関心だった。

しかし、自分にも何事にも真剣に向き合うと決めてからは、お金は「必要なモノ」「気に入ったモノ」に使うようになった。「こうありたい自分」のために使うようになった。自分の意志抜きの使い方をしなくなった。

 

お金を出しても「気に入るモノ」「必要なモノ」が手に入らない時。そんな時は、自分で作る、あるいは、やってみることにしている。

たとえば、家で料理をする。家で髪を切る。アプリを自作する。飾る絵を自分で描く。ピアスを自作する(これはこれから挑戦)。

自分でやってみて気付くのは、クリエイティブ感覚を味わえて面白いということ。それから案外簡単なこと。

なにより、自分で好きに作ると「期待外れ」とか「損した」とか「なんか違う」とか、微妙なモノを買ってしまった後の残念な感情が湧くことがない。もちろん手間がかかったり失敗することもあるけど、それも含めて面白がれる(ことを心がけている)。自分がやっているという実感があるとなんでも興味深い。

 

誰かが作ったものを買うことは、実はリスクが大きい。なぜなら、100%満足できるか分からないからだ。100%満足できる消費体験は今までに何回あっただろうか。消費で100%の満足を得るためには、慎重な見極めが必要なのだ。「これしかありえない」というモノに出会えればいいが、出会えていないのに妥協して買ってしまうと、アレ?となってしまう。

 

気に入らないなら、自分で気に入るものを作る。これはそのまま、生き方にもあてはまることだと思う。もし誰かがつくった生き方が気に入らないなら、自分の働き方、自分の恋愛、自分の死に方を、自分で100%決めること。妥協して今ある生き方 を選ばないこと。揺らいでしまう自分に気づいたら、もう一度よく考えて、自分の生き方を決めること。