読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

21世紀のサイノツノブログ

サイノツノによる提言

川上未映子が好きです 『乳と卵』とおすすめ作品

はじめて『乳と卵(らん) (文春文庫)』(川上未映子著)を読んだ時の衝撃は、もう何年か前になるけれど、よく覚えている。

独特のテンポの大阪弁の文体と、適切だがどこか特別な響きのある言葉のつらなりに圧倒されて、「こんな小説は今までに読んだことがなかった!すごい!」と、純粋に感動したのだった。内容も、上手く言葉にならなかった「女性であること」の感覚とか、思春期に感じていた尖った疑問とか、そういったことが上手く表現されており、短いけれどとても特別な作品だと思う。

それから彼女の作品にしばらく熱中した。まだ手をつけていない本があったことを思い出して、また読んでみたら、やはり彼女はスペシャルだったので、この記事を書いている。

 

わたしは特に初期の作品が好きである。鋭くて瑞々しくて。しかし、近年はだんだん世俗化している気がして(商業出版の宿命でしょうか)、それでしばらく作品から離れていたのだけど、じつは意図的な部分もあったのだと知った。新海誠監督との対談(SWITCHインタビュー達人たち 2016年9月10日 新海誠×川上未映子 表現者2人が互いの創作の秘密に迫る! - YouTube)で、前使った方法とは違う方法を使うことを意識している、と知った。また、彼女にとって小説を書くことは「やみつき」で、終わりがなくて、一つ終わるともう次の作品のことを考えているそうである。今でも活躍されているのは、こういう理由があったからなのだな。でも作品自体はやっぱり初期のものが好き。

 

今まで彼女の本を12冊(数えてみました)読んだが、その中でおすすめのものを3冊ほど紹介しておきます。

 

先端で、さすわさされるわそらええわ

先端で、さすわさされるわそらええわ

 

 詩集なので、『乳と卵』以上に言葉のつらなりが楽しめる。その分分散しているけれど、芸術作品という感じ。若さも感じます。文筆家デビュー作。

 

わたくし率 イン 歯ー、または世界 (講談社文庫)

わたくし率 イン 歯ー、または世界 (講談社文庫)

 

 『乳と卵』的な文体の小説はこちら。より尖ってるかも。ちょっと怖いくらいに実存についてぐっさり考えさせられる。彼女の小説デビュー作。

 

世界クッキー (文春文庫)

世界クッキー (文春文庫)

 

 言葉に対する鋭敏な感覚を感じるエッセイ。通り過ぎ去ってしまうような小さな疑問にも向き合う思考の姿勢も参考になる。装丁もPOPでキュートです。未映子さんはエッセイ本をけっこう出されているけれど、このエッセイが本人の一番のお気に入りらしい。