21世紀のサイノツノブログ

サイノツノによる提言

参議院選挙を前に、女性議員について考える 『日本の女性議員』(朝日選書)

参議院選挙が公示されたので、今日は『日本の女性議員 どうすれば増えるのか (朝日選書)』(三浦まり・編著)を紹介する。本書は、女性議員へのインタビュー、アンケートなどを用いて、女性議員をめぐる状況を分析している。今回は参議院選挙に絡めて紹介するが、大事な指摘が数多くあるのでぜひご一読ください。

 

参議院は<クリティカル・アクター>となる女性議員が誕生しやすい

<クリティカル・アクター>とは、少数でもジェンダー平等に取り組む女性議員のことである。女性に関する重要な法律(1990年代後半~2000年代前半)は、議員立法が多いのだという。

女性議員の選出基盤は比例代表に多いと著者は指摘する。その理由は、女性政策に<コミットメント>している人が政党にリクルートされるからであるという。また、特に参議院の場合は、任期が長いので、当選後も選挙のことに気をとられずに立法に注力できる、という証言も紹介されている。

つまり、票をとれる候補をそろえる衆議院選挙と、<コミットメント>する候補をそろえる参議院選挙は一線を画すということであろう。

 

政治家の仕事とは何か

政治家の仕事は「立法」である。

本書によれば、議員になる動機として、女性議員には問題解決志向の傾向があるという。その問題への<コミットメント>があるからこそ、党を超えたネットワークを使って、DV防止法などを立法することができたのだ。

一方、男性議員の動機は権力志向の傾向があるという。とはいえ、議員立法をバリバリする男性議員もいるし、心から国民のために仕事をしている男性議員がいることは理解している。いろいろ批判もあるが、田中角栄議員立法しまくっていたし。でも、そういう議員ばかりじゃない(もっともこれは、官僚主導の立法ばかりであるという日本の国会自体の問題でもある)。

男女問わず、立法の仕事をしない政治家は必要ない。権力を動機に政治家になる人が、果たして立法できるだろうか。

また、女性議員は、メディアにおいて、容姿や服装についてしつこく言及されることが多いが、それは「女性政治家の評価は仕事ぶりではなく好感度だ」というメッセージを発していることになるのでやめるべきである、と著者は言う。立法という仕事に、容姿や服装は関係がないのは小学生でもわかることであろう。

 

女性議員はどうすれば増えるのか

女性にとって立候補の疎外要因は、家族の協力が得られないこと、家族的責任が重いこと、候補者を選ぶのがほとんど男性であることだという。ならば、それをクリアすればいい。ある県の県議会議員は、夫の実家から立候補を反対されたそうだが、逆に燃えた、というインタビューが紹介されている。身近な所から政治は始まっているのだ。初めはハードかもしれないが、女性議員が増えれば確実に状況は変わっていく。というのも、<クリティカル・マス>といって、女性比率が30%を超えると質的変化が起こるのだという(最近よく言われている「女性○○を30%に」の根拠はこれなのかもしれない)。

また、3・11以降議員のなり手は潜在的にいる(脱原発デモや保育園デモなど)ので、そういう人を政党側が見つけ出す努力も必要だろう、と著者は指摘している。

 

なぜ女性議員を増やすべきなのか

女性議員が少ないのは問題だ、という主張をすると、「なぜ、女性議員を増やす必要があるのか」と反論する人が必ずいるらしい。そういう時、「では、男性ばかりであることのメリットは何ですか?」と問い返す必要があると著者は言う。民主主義のあり方として、今のように女性議員が極端に少ないのは問題なのではないか?基本的権利としての政治参加は全ての人に認められているはずでは?一方の性別のみで政策を決めると、ゆがみが出るのではないか?など。

実際、女性議員の問題意識と男性議員の問題意識の傾向が異なるということが、著者達が実施した調査においてわかっている。女性議員を増やすことは、未だ解決されていないが困っている人がたくさんいる問題の解決につながるはずだ。

 

各党は女性に関わる政策をどう考えているか

さて、今回の選挙の話だが、自民党のHPや街頭演説では「アベノミクス」が強調されているものの、実際の争点は「改憲」であると言われている(さらに言えば、96条が狙いらしい)。ゆえに、改憲についてどう考えるか、というのが投票のポイントになるかと思う。とはいえ、今回のテーマは女性議員なので、各党が女性に関わる政策をどのように考えているのかについても少し触れておこう。

 

以下が参考になると思う。

www.asahi.com

 

また、以下のサイトでは、他のトピックについても選択するだけで候補者ごとまたは党ごとの政策が瞬時にわかる。日本の国会では、議員が個別に動くというよりも党の方針に拘束されるので、議員の個別の政策も大事とはいえ、まずは所属政党の方針を確認するべきだと思われる。

www.asahi.com

最後に

本書を読んで、地域の活動を通して候補者が出てくること(特に地方議会レベルでは)を考えると、自分の生活と政治は直結しているのだということを実感することができた。

意思決定の場に、人口の半分を占める女性がいることはとても大事なことであり、今回の選挙でも女性議員が増えることを願うばかりだ。もっとも、近年は性差別的な女性議員が注目を集めており、女性議員だからといって期待できるわけではない。しかし、それでも女性の地位を改善しようとしている議員は少なからず存在している。まずは、候補者のHP、政党のHP、上記のHPをのぞいてみることからはじめよう。

 

(おまけ)

今回の記事を書くにあたって知ったのだが、衆議院選挙の比例復活の際にクオータ制に似た制度を導入する案が出ているらしい。これは楽しみだ。

社説:女性議員の割合 超党派案に注目したい - 毎日新聞

 

日本の女性議員 どうすれば増えるのか (朝日選書)

日本の女性議員 どうすれば増えるのか (朝日選書)