読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

21世紀のサイノツノブログ

サイノツノによる提言

For Women

「とにかく結婚したい」について考える

先日、知りあいと喋った時、結婚や恋愛について話題が及んだ。その時に「とにかく結婚したい」とのコメントがあった。わたし自身は、「とにかく結婚したい」とは思わないのだが、口癖のように言っている女性は結構多いのではないかと思う。今日は「とにかく…

参議院選挙を前に、女性議員について考える 『日本の女性議員』(朝日選書)

参議院選挙が公示されたので、今日は『日本の女性議員 どうすれば増えるのか (朝日選書)』(三浦まり・編著)を紹介する。本書は、女性議員へのインタビュー、アンケートなどを用いて、女性議員をめぐる状況を分析している。今回は参議院選挙に絡めて紹介す…

女性どうしの友情 『対岸の彼女』(文春文庫)

「女どうしの友情は脆い」と世間は言う。「マウンティング女子」(相手よりも自分の方が上であると示す女子)などという言葉さえある。女性同士を引き裂こうとする言説は世の中に溢れている。しかし、フェミニズム関連の本をあたっていると、「連帯」という…

「女は得だ」は本当か?--レディースデイ、女性専用車両、アファーマティブ・アクション

「女は得だ」と言う人がいる。 そうかもしれない。というのも、今の日本は相対的に女性が不利なシステムで動いているけれども、その一方で、女性は不利なシステムを逆手にとった「戦略」をとることができるからだ(『女性学・男性学 改訂版 -- ジェンダー論…

自由にかっこよく生きる 『村に火をつけ、白痴になれ--伊藤野枝伝』

『村に火をつけ,白痴になれ――伊藤野枝伝』(栗原康、岩波書店)を読んだ。 今話題のアナーキズム研究者、栗原康氏の著作。本書は、「伊藤野枝ファン」の目線で書かれた伝記である。ゆえに、固めの歴史書好きな人には向かないかもしれない。でも、野枝への愛…

童貞マイナスイメージはいかにして作られたか 『日本の童貞』(文春新書)

『日本の童貞 (文春新書)』(渋谷知美・著)を読んだ。 本書は、「すべての現象は言語によって構築されている」とする構築主義の立場から、童貞にまつわる言説を調査・分析し、「童貞が問題になる社会」の姿を明らかにしている。現在の「童貞」は、自虐的に…

家族内の権力関係--自己評価を上げよう

中学生の時、地方議員をしている父親の見栄のために、進学校の受験を強制させられた友人がいた。この前別の友人と話しているときに、父親の仕事を継ぐために働く場所が限定されたことを知った。彼女は働いてみたい場所があったのだが、それは叶わなかった。…

自由な選択と本ーー専業主婦という選択について

女子大生の専業主婦志向が高まっているらしい。 その理由というのが、母親世代をみて疲れたからだとか。その気持ちは分からないでもない。私の母親だけを見ても、主婦業を担いながら仕事もこなして、疲弊している。 でも、疲弊した姿を見たという理由だけで…

秋元氏の社会的責任--『アインシュタインよりディアナ・アグロン』を聴いて

HKT48の新曲の歌詞が批判を浴びている。 宣伝になってしまうかもしれないが、まずは歌詞を見てほしい。 アインシュタインよりディアナ・アグロン - なこみく&めるみお(HKT48) - 歌詞 : 歌ネット どう感じただろうか。 歌詞自体は、「女の子は可愛くなきゃね…

フェミニストが嫌われる理由ーーそれでも、私はフェミニストである。

どうやら、日本ではフェミニスト、フェミニズムは未だ嫌われているようだ。当の女性たちからすら、敬遠されているように思う。 しかし、世界をみていると、エマ・ワトソンが国連の女性機関の活動を優先するために俳優業を休業したり、ジェニファー・ローレン…

最近気になったものを調べました--ビルのランプとサーディンと生理用品と。

今日は、気になった3つのものについて、気ままに書いてみる。 夜、景色を眺めているときに、高層ビルについてる赤いランプが気になった。 ネットで調べてみると、どうやら「航空障害灯」というものらしい。航空機の目印のために、取り付けが義務付けられて…

田舎出身、高学歴女性の行先--田舎で教師か看護師か、東京で就職か。

わたしの女友達(大卒または専門卒)の就職先を分類すると、大きく二つに分かれる。地元で教職か看護師、または、東京で会社に就職である。 地元(関東のとある田舎)に残っている女友達は教職か看護師しかいないのに、東京に出た友達の就職先はそれぞれ違う…

「会社の飲み会」について考えるーー飲み会の問題点

horn-of-rhinoceros.hatenadiary.jp 上の記事で書いたように、日本の会社は「メンバーシップ型」で運営されている。 このことによって、およそビジネスに似つかわしくない、独特な会社文化が作られてきた。その最たるおかしな文化が「会社の飲み会」だと私は…

労働を多次元で変革しよう 『働く女子の運命』(文春新書)

いつもこのブログを見ている方々はお分かりだろうが、私は「女性を応援したい、もっと能力を発揮してほしい」と常々思っている。(そしてそれは私の中の大きなテーマの一つでもある。) なぜなら、憲法の下では男女は平等と定められているのに、実際はそうじゃ…

ビジネス革命 『BUSINESS AS UNUSUAL ザ・ボディショップのみんなが幸せになるビジネス。』(トランスワールドジャパン)

先日の記事で少し触れたのだが、ボディショップの創業者アニータ・ロディックの著書『BUSINESS AS UNUSUAL ザ・ボディショップのみんなが幸せになるビジネス。』を読んだ。 horn-of-rhinoceros.hatenadiary.jp 本書では、もう少し具体的な仕事の内容や、個別…

性別は「女性」 『世界を変えた10人の女性たち』(文藝春秋)

池上彰著、『世界を変えた10人の女性たち』を読んだ。ラインナップは、以下。ミャンマーの民主化の立役者のアウンサンスーチー。 ボディショップの創業者のアニータ・ロディック。 インドで貧しい人に生涯をささげたマザーテレサ。 女性の社会進出に貢献した…

パンツを通してみる「性」模様 『スカートの下の劇場』(河出文庫)

最近、本ブログでは書評が続いているが、今日も飽きずに書評をしよう。 今日の本は、上野千鶴子著『スカートの下の劇場』 である。 本書は雑誌『is』に著者が寄稿したもの+編集者によって行われた著者への聞き取りをまとめたものである。聞き取り、という手…