21世紀のサイノツノブログ

サイノツノによる提言

性表現とどう付き合うか

今年、少年ジャンプにおける性表現が問題になった。

女性キャラクターたちは水着がはだけてしまっており、顔を赤らめて恥ずかしがったり、戸惑って涙を浮かべたりしている。乳首や局部は隠されているが、ほとんど裸」(「ゆらぎ荘の幽奈さん」の性表現「子どもに悪影響」だと波紋 - ライブドアニュース)というものである。

おおまかに立場を2つに分けると、嫌がっている女性を肯定的に描くのは子供が間違った認知をするのでやめるべき、これはセクハラ=性暴力だ vs 子どもを縛るべきではない、このくらいは問題ない、ジャンプは昔からエロかった、ということになると思う。

 

今回は、ジャンプの性表現をもとに、性表現とどう付き合っていくか、について考えたいと思う。

 

私の意見だが、今回問題になった表現自体は、画像で確認した限り、性暴力の描写であるというのは難しいような気がした。アクシデント的に水着が脱げているという体で描かれているように感じられたからだ。また、たとえ性暴力の描写であったとしても、表現自体をやめろ、というのは間違っている。

ただし、多くの未成年の読者をかかえる少年ジャンプという媒体での表現であるということを考えると、たしかに作る側はもう少し良識を持ってもよいのではないかと感じた。少年ジャンプが、自身が占める社会的立場に自覚的になったほうがよいのでは、という意味である。これは、表現を規制をするべきだというのとは異なる。表現自体は、実在する個人を傷つける場合を除いて規制されるべきではないだろう。なぜなら、表現は一度規制したら、どんどん拡大解釈されてしまうものだからである。そもそも表現の自由は民主主義の根幹である。また、民主主義国家に生きる人間としては、十分な議論、合意形成なしに規制すればいいというのは怠慢でしかない。日本では、お上に丸投げという意識があるが、その前に、表現者、表現の受け手の双方が合意形成に努めるべきだ。その過程の中に、表現者が配慮と良識と責任を持つ、ということが含まれてくるのである。

話が脱線してしまったが、脳科学の視点から言えば、いかなる表現物であれ、見てしまった時点で何らかの影響は受ける。その影響が、エンターテイメントやファンタジーとしては成り立つが、現実にはそぐわないというものである場合、特に見る側の判断力や責任が問われるはずだ。子供は、それらを持つよう学んでいる段階にある。たばこや酒の嗜好品が成人まで規制されているのは、ある程度の年齢に達すれば、ある程度の良識が身についている、という想定があるからであろう。そういった意味で、性表現に触れるのは、しっかりした責任と判断力を身に着けた大人になってからでもいいのではないだろうか。また、子ども読者を持つ少年ジャンプという媒体においては、性表現はもう少し慎重でもよいのではないだろうか。ジャンプの読者年齢層が少年でないのであれば話はまた別だが。

 

それでは、大人であれば良識を身に着けているのかといえば、疑問が残る。たとえば、「ある性表現を真似してやった」という事件は時々起きる。また、AVのセックスを真似してケガをしたという話もある。これらは、しっかり勉強しないまま無自覚で無責任な行動をとった結果であろう。

今の大人は、性の知識は能動的に取りに行かないと手に入らなかった。どこでも教えてくれないので、自分から情報にアクセスするしかない。現状では、性のことを知りたいと思った時、比較的容易にアクセスできるのが性表現物(AV、エロ漫画、ポルノ雑誌など、今やオンラインで手に入る)である。正しい知識よりも、そちらのほうが簡単に手に入る。勘違いしたまま育ってしまった大人がいるのは、正しい知識が手に入りにくかったことも一因であろう。応用編(性表現)だけ勉強して、基礎編(正しい知識)に取り組もうとしなかった/できなかった。しかし、本来は、基礎編を十分勉強してから、応用編を勉強するべきであろう。

 

では、どうしたら基礎編に取り組めるようになるのか。

まず考えられるのが、学校での性教育に力を入れるべきだという意見である。たしかに、全ての子供がアクセスできるという意味では、もっともな意見である。実現の難しさは様々な所で語られているのだが、方向性としてはやはり学校教育に組み込むことは必要だと感じる。性教育の課外学校とかあってもいいかもしれない。

(ちなみに、私自身は、子どもの頃、マンガ ポップコーン天使(エンジェル)―知ってる?女の子のカラダを何回も読んでいた。生理~セックスについて描いてあったと記憶している。)

ただし、これは大人が性について真剣に考えないと実現していかない。子どもの性教育の前に、大人自身がきちんと考えなければならないだろう。

では、大人に対しては、どのような方法がありうるか。学校というものがないので、やはり正しい情報を充実させることだろう。近年、目立ったところからも意見が発せられるようになっているので、10年前と比べれば、かなり情報は増えていると思う。その情報に気付けるかは本人次第だが、誰かとの親密な関係を求めるのであれば、おのずと性について考える機会があるように思う。たとえば、相手の身体の構造、避妊方法などを知らないままでセックスをすれば、本当の意味で親密な信頼関係を築くのは難しいだろう。

個人的な話だが、私が性に興味を持った最初に見たのは、家にある漫画やAVだった。家族の所有物をこっそり見ていたのだった。当時は、背徳感と興奮と好奇心の渦の中で観ていたものだが、今となっては、当時無防備に見たイメージから強烈な影響を受けたのではないかと思う。まさに私自身、親密な関係性を築く難しさにぶちあたって、性に向き合うようになった一人である。

 

まとめると、子どもは、学校で正しい知識を教えるようにしていくということ、大人は、それぞれが正しい知識を身に着けるよう努力していくこと、これがまずやるべきことであろう。特に大人は、子どもが正しい知識にアクセスしづらい状況にある今は、より自覚的に行動するべきであろう。子どもが、性に対する疑問をもったら、隠さずに正しい知識を教えること、子どもに言えないようなことはしないことだ。子どもは大人をよく見ている。

 

マンガ ポップコーン天使(エンジェル)―知ってる?女の子のカラダ

マンガ ポップコーン天使(エンジェル)―知ってる?女の子のカラダ

 

私が当時読んでいた本だが今も流通しているようだ。もしかしたら、少し情報が古い部分もあるかもしれないが、基礎的な性の知識を身に着ける最初の一冊としてはちょうどよいと思われる。

小学生女の子が主人公で、彼女が初潮を迎えるところから物語が始まる。構成としては、漫画1話→子どもの質問に対して大人が答えていくQ&A、というもの。子どもの目線からの疑問に丁寧に答えてくれる。子ども一人で読むことができる本。

 

マンガ おれたちロケット少年

マンガ おれたちロケット少年

 

同じシリーズで、男の子版もあった。小学生の男の子が主人公。こちらはサンプルしか見ていないのだが、おちんちんのこと、射精のこと、セックスのことなどがわかるようになっている。構成は女の子版と同じ。

 

ジョニ・ミッチェル『ブルー』の凄さ

ジョニ・ミッチェル『ブルー』(1971年)というアルバムがある。

 

ジョニ・ミッチェルの最高傑作の呼び声高く、Rollingstone誌の500 Greatest Albums of All Timeにも選ばれている有名なアルバム。

本や映画で言及されているのを何度か目にし、いつか聴こうと思っていてなかなか聴いていなかったアルバム。

この度やっと聴くことができた。

結論から言えば凄いアルバムだった。多くの人が魅了されてきたのも納得。

あまりにも凄かったので、思わず記事にしている次第である。

 

凄いとだけ言っても仕方ないので、感想をもう少し具体的に言葉にしてみる。

まず、1曲目のイントロのギターの音から凄い。こんな音でるのか、という軽やかさ(私自身ギターが上手くないからかもしれないが)。透き通った歌声が聴こえてくると、もう一気に引き込まれてしまう。そして、畳み掛けるような、熱っぽく語りかけるような独特のメロディーとリズム感。高音過ぎるのでは?と思うけれど安定して澄んだファルセット。そこにリリカルな歌詞が乗ってきて、またさらに聴き入ってしまう。歌とギターとピアノとアパラチアン・ダルシマー(アメリカ東部のアパラチア山脈地域で発達したアメリカ特有の弦楽器  American Folk Song Project アメリカの民俗楽器)だけの構成なのに、とてもエネルギッシュな感じがする。けれど、しっとりした感じもする。不思議。静謐なジャケットも含めた全てが調和して一体となった、完璧な芸術作品だと思った。

私が語れる感想はこれくらいのものだが、アマゾンのレビュー欄には詩的であったり個人的な体験に根差していたりと、熱心な感想がつづられていて、『ブルー』がいかにその人とって大切なアルバムになりうるのかを垣間見ることができる。

 

全曲良いのだが、今のところAll I Want(1曲目)とCarey(4曲目)とCalifornia(6曲目)が気に入っている。

声は高めなので、初めて聴く場合気になるかもしれない。

YouTubeにアルバムごとあるので貼っておく。

 


Joni Mitchell - Blue (1971) [full album]

 

 

ブルー

ブルー

 

 

ブラック企業を辞めることについて

ブラック企業に関する興味深い記事を見たので、シェアします。

 

toyokeizai.net

 

ブラック企業を辞めた1人として、ブラック企業を辞めることについて考えたいと思います。

私がいた会社は、記事の通り「ブラック経営者やブラック上司にとっては、従業員はモノ同然であり、自分の命令に従わない者は不良品だとみなし、数時間にわたって延々と怒鳴りつけ、減給処分や罰金というムチを与え続けることで、考える余力を奪う」ような会社でした。会社幹部は、毎日行われる会議で、怒鳴り、机を叩きました。平社員たちのやる気は下がり、足を引っ張り合い、赤字続きです。幹部たちはさらに社員にムチ打ちます。悪循環でした。

 

ブラック企業がなくならない理由の一つとして、筆者は、理不尽な労働環境を受け入れる労働者が一定数いることを挙げています。なぜ受け入れるのかについて、職場に迷惑をかける、転職=敗北という価値観が残っている、転職活動の時間がない、転職しても理想の働き方を実現できない、と考える人が多いのではないかと筆者は見ています。

  

記事には書いていませんでしたが、厳しい労働環境を受け入れてしまう理由に、年齢が上がるにつれて転職しづらいという転職市場の問題もあるのではないでしょうか。実際、40代~50代の従業員は、辞めたいけれど転職活動が厳しいと漏らしていました。定年を迎える従業員は、もう会社にしがみつくしかないという感じでした。

ところで、転職市場の年齢問題も、ブラック企業と関係あるかもしれません。若者ほど扱いやすく低賃金で使い捨てしやすいので、若者を欲しがる企業が多いのかもしれません。

転職市場の問題はここでは置いておきますが、今は売り手市場なので必ず仕事はありますし、スキルや経験を活かして独立してお金を稼ぐ道もあるかもしれません。失業保険もありますし、いざとなれば生活保護もあります。もしかしたら収入は下がるかもしれませんが、健康は守れます。

 

とはいえ、いざ辞めようと決意しても、いきなりは辞めづらいかもしれません。そんなときは、メンタルクリニックを受診するのも一つの手段です。有給がとりづらいブラック企業でも、病気ならば周囲も文句は言いづらいと思います。診断書を出した場合、少しでもまともな判断力のある会社ならば休ませるはずです。ゆっくり心と身体を休めながら今後の判断ついて考えることができます。長時間拘束されていると、思考が狭くなり「この会社にいるしかない」と思い込むことがありますが、少し離れてみると、様々な可能性があることに気付けます。また、休んだまま辞めることもできます。

 

私が辞めたいと思うと同時に思ったことは、人数の少ない会社だったので、迷惑をかけるということでした。また、入社してからの期間が短かったので、今後の転職に不利になると思いました。それでも、私は辞めました。自分の心と身体が一番だという思いが勝ちました。そもそも、一人抜けたぐらいで支障がでるような会社は経営に問題があるのであって、従業員のせいではないのだと思いました。また、自分が辞めることはブラック企業を減らすことにつながる、とも思いました。東洋経済の記事の主張と同じです。

厳しいことを言えば、ブラック企業に不満を抱きながらブラック企業に居続ける人は、その企業の維持に加担しています。しかし、自分だけのためではなく、次の世代のためでもあると思って、辞めるという選択肢を持ってほしいのです。記事の主張のように、辞める人が増えれば(人手不足になれば)、企業は潰れるかやり方を変えるかしかありません。サイボウズや佐川急便のSGホールディングスは後者の方法を取りました。

支配される人がいなければ、支配は存続できません。ブラック企業がなくなるかは、雇う側だけの問題ではないのです。雇われる側の行動にもかかっています。会社に関わる人はみな当事者なのです。

 

 

 働き方について以前書いた記事を貼っておきます。

horn-of-rhinoceros.hatenadiary.jp